キスケを支える、
若きパティシエ

YURIKA MORIYA

守屋 優莉栞

  • KIT パティシエ

  • 2018年入社

キスケは挑戦の場所

子どもの頃から料理が好きで、調理師を目指して調理科のある高校へ進み、さらに自分の幅を広げるため、河原学園パティシエ・ブランジェ科で学びました。
卒業後は、パン屋で働いていたのですが、偶然にもKITリニューアルオープンの求人を見て…。パティシエの募集に「新しいことにチャレンジしたい!」と思い、志望しました。
人と関わることが好きだったので、パティシエとしての仕事だけではなく、接客にも挑戦できるところも魅力的でした。

商品開発が私の使命です

現在は、キスケBOX内にあるKITをはじめ「伊予の湯治場 喜助の湯」で提供するスイーツの商品開発に携わっています。
KITは学生や若い方が中心なので、より見た目を意識してオシャレなものを、温泉のメニューに関しては湯あがりにほっと落ち着ける感じのものをイメージしています。

そして、季節感を意識した食材の組み合わせ、盛り付けも大切。最高の組み合わせは何か、どのように盛り付ければお客様の目を引くことができるか…。
KITのパティシエは私一人なのですが、周りのスタッフのみなさんにも協力していただきながら、日々試行錯誤しています。

お客様の声が何よりの喜び

常に新しいものをつくり続け、どれだけたくさんのお客様に召し上がっていただけるかが私の一番のチャレンジです。
KITでは、日々の商品開発に加えて、ホールに出てお客様対応をすることもあります。なので、自分がつくったスイーツを直接お客様にお出しすることもあるのですが、その反応を得られるタイミングは最もドキドキしますし、やりがいを感じる瞬間でもあります。

お客様の目の前にお出しした瞬間、「キレイ!」「可愛い!」「と言っていただけたときは、心の中でガッツポーズ!思わず「私がつくったんです!」と言いたくなります(笑)。

スキルや経験が身についていく実感

キスケって、着実に自分のスキルや経験を積み上げることができる会社だと実感しています。
私はもともとパン屋さんで働いていたので、パティシエとして製菓を担当するのは初めてのこと。そんな私にいきなり商品開発を任せてくださったことはありがたいことでした。

その期待に応えるべく、今は働きながら、もう一度製菓のことを勉強しています。
日々、いろんなものを見て、食べて、お客様やスタッフとコミュニケーションをとるなかで、アイデアやスキルが広がっていくことを嬉しく思いますし、今後、自分がどんなスイーツをつくることができるのか、ワクワクしますね。

キスケにしかないスイーツを

これからも日々の商品開発に励み、経験を積んでキスケにしかない、キスケに来ないと味わえないようなスイーツを開発していきたいと考えています。
季節感やサプライズを意識したものなど、四国初や日本初を目指して「楽しい」ことをどんどん生み出しているキスケだからこそできるチャレンジを続け、「あのスイーツを食べに行きたい」という、キスケに来店する目的となるようなものを生み出すことが一番の目標です!