CROSS TALK

アミューズメント部門の中核を担うKIT、パチンコ部門の基幹店であるスーパーキスケPAOが相次いでグランドオープンを迎えた2018年。そんな節目の年に入社した二人に、キスケを選んだ理由や今後の目標を語ってもらいました。

お二人の現在の仕事を教えてください

小椋

KITで主にフロントに立ち、受付や新規のお客様の案内をしています。トランポリンやボルダリングといった、ほかにはなかなか無い施設がKITにはあるので、そういったものの遊び方や楽しみ方をお客様に伝えることもしています。そのためにはまず自分が遊び方、楽しみ方を知らなくてはならないので、各セクションの練習や勉強もしています。

小椋

私はスーパーキスケPAOでのカウンター業務を主に担当しています。当店では女性スタッフはカウンター、男性スタッフはホールでの業務が基本ではあるのですが、最近はホールにも出て、お客様へのお声がけも積極的に行っています。

数ある企業の中から、キスケを選んだ理由は何ですか?

小椋

業種や業界はこだわらず、仕事や人との関わりを通して成長できるかどうか、この人と働きたい!と思える人がいるかどうかで企業を見ていました。合同説明会でもそこを意識して参加し、それらが全部揃っていたキスケを選びました。キスケがどんな事業をしていても、キスケを選んでいたと思います。

宮田

私も合同説明会に行ってみて決めようという感じだったのですが、キスケのブースは楽しい雰囲気で、担当の方がとても積極的に話しかけてくださるし、ある意味異質でしたね(笑)。でもそのとき「楽しそう!」と思ったのが決め手になりました。

内定後、入社後は、どのような研修がありましたか?

小椋

内定後に研修があると聞いて、講習のようなカッチリしたものかと思っていたら、先輩と一緒にバーベキューをしたり、泳いだり。僕は参加できなかったのですが、そば打ち体験もしたんですよね。

宮田

粉から打ちましたよ(笑)。そしてみんなで美味しくいただきました。研修といえば、入社後すぐに管理者養成学校にも行きましたね。2泊3日の新人向けの内容ではあったのですが、宿泊研修的なノリで行ったら…。

小椋

発声練習や一分間スピーチなどがあって、発言にも行動にも何事にも本気を出せという、まさに訓練でしたね。

宮田

その後、他社の新卒の方と合同で受けた研修もありましたが、最初に管理者養成学校の研修を受けていたおかげで、他の企業よりも私たちが目立っていましたね。

小椋

人前でしゃべることに恥ずかしさがなかったですね。最初に一番上の研修を体験したので(笑)。それから入社後も、月1ぐらいのペースで研修があったのですが、そこではキスケの社員としてどうあるべきかを考え、キスケ社員としての意識を高めていきました。

宮田

また、本配属の場所を決めるためにアミューズとパチンコを3か月ずつ研修しました。

それぞれの今後の目標を教えてください。

小椋

自分が遊び方や楽しみ方をお伝えしたお客様がその遊びにハマってくださり、「また来たい!」「遊ぶならKIT!」と思ってもらえるような接客を目指しています。個人的な目標は班長になり、今以上に仕事の幅を増やし、更なる成長を遂げる事です。

小椋

コミュニケーション能力を上げていきたいです。入社のきっかけも、先輩みたいになりたいという思いがあったので、少しでも近づけるように。
現在の役職はリーダーですが、3年目にはトレーナーを目指しています。そして、積極的にホールに出て、遊戯しているお客様とパチンコとは関係ない日常会話なども交えながら、コミュニケーションをとっていきたいと思っています。

最後に、お仕事を探している求職者へメッセージをお願いします。

宮田

キスケの魅力は、環境を利用してチャレンジができるところです。「自分の成長のために会社をどんどん使っていいよ」「成功するか失敗するかは関係なく、とりあえずやってみて」と言ってくれるので、いろんなチャレンジができました。
最近では、韓国人のお客様が多いので、ハングルの会員カード案内を創ることを提案し、採用されました。そんなふうに新人のアイデアも取り入れてくれる、懐の深い会社です!

小椋

楽しく仕事したい方、高めたい方には働きやすい環境が整っています。楽しく仕事をしている人、楽しんでいる人、自分をもっと高めたい、成長したいという人が多い会社なので、そう思っている人にはうってつけです。
KITはとにかく日本初、日本一など一番を意識しているので、まだまだこれから進化していく可能性を秘めています。ですから、やりたいことが分からない方もキスケに来てみて何か見つかるかもしれません。ぜひ一度足を運んでみて下さい。私たちと一緒に愛媛を盛り上げていきましょう!