CROSS TALK

スキーアルペンの国体選手として活躍する宮﨑さんと、「No, Fishing.No Life.」趣味や遊びも全力で楽しむ合田さんは、なぜ働く場所にキスケを選んだのか?仕事と競技、趣味のワーク・ライフ・バランスを大切にしている2人の同期対談が実現しました。

TALK 01.

頑張れば頑張った分だけ評価される風土。

入社を決める上で重要視したポイントを教えてください。そしてキスケに入社を決めた理由を教えてください。

宮﨑

採用活動の最初から現副社長の山路さんがいらっしゃったことが印象的でした。説明会にトップが来ている会社ってあまりないと思うんです。頑張れば頑張った分だけ評価をしていただける風土も感じることができました。また、仕事もプライベートも大事にしたいと考えていたので、キスケなら勤務体系がシフト制だからプライベート時間の使い方のイメージができたことも決め手の一つです。

合田

私は地域に密着している雰囲気が前からいいなと思っていました。子どもの頃から遊びに行くなら街か、駅前のキスケという感じでしたし。パチンコにも良く行っていましたが、キスケは接客がとても良かったんです。

宮﨑

たしかに、研修などで社員の先輩と話す機会があったのですが、働いているみなさんがとても明るくて、安心感がありましたね。

合田

今までキスケにはたくさん楽しませてもらったので、次は自分がお客様を楽しませたいと思いました。

TALK 02.

上司の理解、そして周りの仲間のフォローがあることへのありがたさ。

お二人がより一層仕事を頑張れるプライベートの時間の使い方を教えてください。

合田

今は家族ですごす時間が何よりの息抜きですね。家族で街に出かけたり、ご飯を食べに行ったりしています。娘はまだ1歳なので手がかかりますが、今が可愛い盛り!成長を見逃さないように、一緒に過ごす時間は大切にしています。あとはやっぱりパチンコ!打ちに行くことも仕事ですからね(笑)。お小遣いの範囲内で遊んでいます。

宮﨑

私はアウトドア人間なので、休日は自然のなかにいます(笑)。中でも海釣りにはハマって8年ぐらいになりますが、なかなか奥が深いんですよ。佐田岬、愛南、高知など、毎回遠征するのですが、その道中のワクワクもまた良し!宇和海から西海、太平洋は全国有数の海域なので、おすすめです!

合田

すごいなぁ。もうついていけん(笑)。でも趣味があるのはいいですよね。

宮﨑

ですね!自分で釣った魚をさばいて食べるのもいいし、人にあげて喜んでもらうのも楽しいですよ。

プライベートの時間を大切にするにあたり、会社や同僚のサポートはありましたか?

合田

私は小さい頃からスキーのアルペン競技をしているのですが、週末に練習や試合があるときは、休みをいただいています。

宮﨑

国体にも出場しているんですよね。

合田

国体はスキーアルペンで高校1年から8回連続出場しています。冬季スポーツなので12月から3月までのシーズン中は休みをいただくことが多いのですが、上司も理解してくださり、周りの仲間もフォローしてくれるのでありがたいです。

宮﨑

フォローということでいうと…この仕事やらないといけないけど、明日休みだしどうしようというとき、結構あると思うんですよ。

合田

(大きくうなずく)

宮﨑

そういうときに、「続きを夜勤で引き継ぎますよ」と言ってくれる人がいるありがたさ。お願いできる若手同士の風通しの良さを感じますね。やさしい人も多いですし。

TALK 03.

「時間のプラスな使い方」で
仕事もプライベートも充実。

それぞれの今後の目標を教えてください

合田

トレーナーになることです。パチンコでは同期がみんなトレーナーになっているので、自分もそろそろという気持ちはあります。私はガツガツ行くというよりは内に秘めるタイプだったのですが、上司からアドバイスをいただき、積極的に発言をするようになりました。キスケはスキルアップの段階が明確ですし、成長の意欲がある人はバックアップしてくれる。頑張っている人を評価してくれるのでやりがいもあります。

宮﨑

私も今以上の役職への昇進を目指しています。そのために何をするのか。今後の課題は、みんなを育てることだと考えています。店舗として取り組んでいる課題もスタッフ力の向上なので、全体のレベルの底上げをするのが僕の仕事。教育というのは人が相手なので難しい部分ではありますが、変わってくれた人を見たり、人を育てることによって自身の成長も感じられたときにはやりがい、喜びを感じます。

合田

目標意識を持って働けるのはキスケならではかもしれませんね。

最後に、お二人のように趣味やスポーツを続けながら働きたい方へキスケの強みをお伝えください。

宮﨑

シフト制の勤務体系だから、余暇に使える時間が長くとれるのは魅力的ですね。

合田

そうですね。時間の調整がしやすいと思います。

宮﨑

例えば早番の翌日が遅番だったら、その日の夕方から翌日の夕方まで丸一日休みになります。また平日休みならどこに行っても結構空いていて、待ち時間との戦いもない(笑)。仕事の時間が不規則というとマイナスに聞こえますが、勤務の前後に空き時間があるとか、平日に連休があるとか。上手にやりくりしたら、プラスの使い方はいくらでもありますよ。キスケだからこその強みを、私は最大限に活かさせてもらっています。

合田

まさにその通りですよね。それにキスケって、結構プライベートを大事にしている方が多いんですよ。仕事ができる人はプライベートも充実してるって言いますし(笑)。なので話も合うし理解が得られやすいと思います。また、運動会や花見、ボウリングなど会社全体のイベントも多く、会社としても遊びを推進している気風を感じます。

宮﨑

私たちのように、競技としてスポーツを続けたい、趣味を楽しみたいという人は、仕事との両立が可能なのか不安もあると思います。でも、実際に続けている人はたくさんいるよと、安心させてあげたいですね。シフト制の生活リズムにも慣れてきたら、時間の使い方もうまくなってくると思いますし。

合田

なので、ぜひ入ってきてください!仕事と家庭とプライベート、競技を続けられる環境は整っています。

PROFILE

宮﨑 貴士

2016年入社から、キスケPAO小坂店で勤務。現在はリーダーとしてスタッフの指導に従事し、冬季シーズン中はスキーアルペンと仕事の両立をしっかりと図っている。

合田 慎

2016年入社後は、松山温泉で勤務。現在はKITでトレーナーとしてスタッフの育成に努め、趣味のアウトドアも存分に楽しみながら仕事とのバランスを取っている。

社員インタビュー

クロストーク