働くママが
輝ける場所

ANNA WATANABE

渡部 安奈

  • 制作部 リーダー

  • 2011年入社

地域密着企業、キスケの安心感

学生時代に接客のアルバイトをしていたこともあり、人と関わる仕事に就きたいと考えていました。地元愛媛で就職活動を進めるなかで、キスケを選んだのは圧倒的な知名度と安心感。キスケと聞いて、愛媛で知らない人はいないと思いますし、そんな地域に根ざした会社で、地元への貢献ができたらという気持ちもあり、志望したんです。

入社当初はキスケカラオケWAO駅前店(現KIT)へ配属され、接客業務の傍らでPOP作成も担当していました。もともとデザインには興味があったので、イラストレーターやフォトショップなどのノウハウを勉強させていただけたことは大きな財産になりました。

産休・育休の取得を決意

1人目の産休・育休を取得したのは、入社4年目のことでした。当時、産休を取得した女性社員は1名しかおらず、まだ女性は結婚したら仕事を辞めるという風潮がありました。でも、私は妊娠前から仕事を続けたいという意思を上司にも伝え、理解していただいており、いざ妊娠が分かったときもサポートしてくださりとてもありがたかったです。

育休中は、ほぼ一日中子どもと二人きり。大人とコミュニケーションを取る機会が減ったため、社会復帰そのものに対して不安がありました。周りに出産経験のある友人が少なかったため、先に育休からの復帰を終えた先輩ママ社員に保育園の情報や、子どもが急に発病した時どのようになさっているのかを聞いて、復帰に備えました。

仕事と育児の両立を目指して

復帰後は、勤務時間を配慮していただき、店舗から本部への異動となりました。本部は勤務時間が一定で、夕方には子どもを迎えに行くことができています。
現在は、制作部でデザイン業務を行っており、販促ツールの制作が主な仕事です。私たちの仕事は数字で効果が出にくいものですが、イベントや販売しているもので成果がでたときには、お手伝いしてよかったなとやりがいと感じます。また、KITやパチンコ、温泉など他部署の方から依頼を受けた販促ツールが無事に完成し、社員さんに喜んでもらえた時も嬉しいですね。

そして2人目出産の際には、姉妹で保育園が異なるためお迎えの時間を考慮し、30分勤務時間をずらす提案をしていただきました。子どもの行事で平日休まなければならない時も部署内でフォローしあって休みを取ることができています。また、ママだって仕事と家庭プラス遊日の時間も大切!休日には他部門の社員と誘いあって大好きな釣りを楽しみ、適度にオフタイムを楽しめる環境です。

やってみよう精神で、夢を実現

私にとって、キスケはプラス思考の者勝ちなエンターテイメントフィールド!どれだけプラス思考でいられるかで仕事の楽しさと評価がついてきます。
アミューズメント業という業種の特性もありますが、遊び心とガッツに溢れた先輩方が多く、「それ、やってみよう」精神でチャレンジに対して温かい環境が整っています。先日、入社前から夢だった似顔絵を描くイベントの提案を受け入れてもらい、実現しました。その際も快く上司が背中を押してくれ、さらにお客様の喜びへ繋げるために、みんなが改善アイデアを出すなどサポートをしてくれました。

ワークライフバランスの充実

来年には長女が小学校へ入学予定で、新たな不安はあります。でも、子どもが仕事をしている私に誇りを持ってくれるよう、仕事と家庭のワークライフバランスを安定させていきたいと考えています。そのために常に優先順位を判断し、多少大きな仕事の依頼や子供の急な発病が起きても対応できるよう自分のキャパの10%くらいの余裕を常時保っていられるようになるのが目標です。
これからは、キスケで働く女性が安心して妊娠・出産という選択肢を選べるよう、経験者として未来のママをサポートしていけたらと思っています。

社員インタビュー

クロストーク