憧れられる
存在を目指して

TAKAHIRO TODA

戸田 貴博

  • キスケPAO 今治本店 チーフ

  • 2017年入社

転職を決意した言葉

「キスケ株式会社という環境を使って皆さんの夢を叶えてください」。偶然目にした企業紹介VTRでの山路副社長のこの言葉がとても印象的で、胸にささりました。自由度が高く面白そうな企業だなと感じたんです。
私は学生時代にパチンコ店でアルバイトを経験し、卒業後もパチンコ店に就職しました。そこで6年間勤め、現場で一通りのことを学び、店長を目指したいと考えたとき、先の山路さんの言葉に出会ったんです。キスケは店長(マネージャー)に与えられている裁量権が大きく、チャレンジできる環境が整っている点も魅力的でした。昇級制度に関しても、毎年試験が設けられており、どうやったら上に上がれるかが分かりやすく明確。だから頑張りやすいのだと思います。

楽しんでもらえることが一番の喜び

キスケに入社当時から、特に集客を目的とした取り組みには注力してきました。どのようなことをすればお客様が喜んでくださるか。月に一度、お客様にお菓子のおもてなしをする「総付」という企画の実施時には、たくさんのお客様が来店され、とても活気があります。
自店のスタッフも普段以上に一致団結し、新規会員入会数などの目標に向けてアクションしてくれています。こうした取り組みのメリットの1つとして、目標に対して全員が邁進する・目標達成を全員で喜び合うという一体感を感じることが挙げられます。この感覚は、社会人になってから初めて味わうものであり、とてもテンションがあがるものでした。お客様も、一緒に働く仲間も、みんなが楽しんでくれることが一番の喜びですね。

認めてもらえたという実感

同業他社からの転職組である私にとって、入社してから昇進試験を通して、一般社員→トレーナー→チーフという職位をいただけたことは、会社から認めてもらえたと実感でき、同時に責任感も感じました。
キスケにはPA(パート・アルバイト)から入る方も多いのですが、もともと正社員になるつもりがなかったPAスタッフさんが、私と仕事をしている中で、私の様になりたいと憧れを抱いてくれ、正社員登用試験を受験し合格した時は、とても嬉しかったです。
反面、スタッフからの仕事に対して前向きではない発言や行動が見られた時は、私自身の力不足でそうなってしまっているのだと悔しい思いを感じます。上になればなるほど楽しいということを感じてもらえたら、仕事に対しての意欲も湧くと思いますし、そのためには、若いスタッフに憧れてもらえるような仕事をしなければいけませんね。

キスケらしさ=自ら楽しむ!

仕事だからやっているというのではなく、楽しい・面白いから取り組んでいると言える人が、キスケらしい人だと思っています。いつまでもワクワクする心を大事にしていて、面白そうなものには積極的に手を伸ばす、そんな考えで行動できている人が上に立っていますし、必然的にアピール力が高いと思います。
今後よりステージを上げていくためには、人材の育成が必要であると考えています。そのためにも、自身の「憧れられ力」を高め、私自身があの人のようになりたいと思われる人材にならなければならないと考えており、そういった人が増えていかなければいけないと感じています。

全員にチャンスがあり、発信できる場がある!

私が同業他社から転職した立場として感じるのは、年齢・性別・経歴などは一切関係なく、良いものは良いで認めて貰えるのがキスケの強みであること。
チャレンジする事に、早い遅いということはありません。キスケのスタッフ全員にチャンスが与えられ、何度だって打席に立つことができる。自分発信で行動していける環境がキスケには整っています。若い人でも、手を挙げればチャレンジさせてくれる。これだけ制度が整っている会社はなかなかないと思います。