記憶に残る
アミューズメントを

YOUICHIRO IWASAKI

岩﨑 洋一郎

  • 伊予の湯治湯 喜助の湯 マネージャー

  • 2000年入社

地域密着の安心感

カフェや焼肉店、新聞配達など、学生時代は様々なアルバイトを経験しましたが、特に接客が好きだと感じていました。それで就職を考えた際に、キスケに興味がわいたんです。アミューズメント施設として勢いのあったキスケは県内で知名度もあり、安心感があったことも決め手になりましたね。
入社後は、まず麻雀部門に配属になり、キスケBOXの建て替え、リニューアルオープンによる休業を経て、24歳で店長(マネージャー)に就任しました。

新たな挑戦の日々

いきなりのマネージャー就任で戸惑いもありましたが、どうすればお客様に来ていただけるか、施設の運営面を考えることにはやりがいも感じました。
まず、麻雀部門は昼間の集客が弱かったので、その対策として麻雀教室や健康麻雀サークルを立ち上げることに。夜は会社帰りのサラリーマンの方々が中心なのに対して、昼間はシニア層の方をターゲットとして、「賭けない・吸わない・呑まない」という3大ルールで、麻雀を楽しんでいただく場所づくりに努めました。

最初は、賭け事のイメージがあるなかで新たにお客さんを集めるのは大変でしたね。教室での教え方、サークルの運営方法などまったく0からなので苦労もしましたが、徐々に口コミなどでお客様も増えて、手ごたえを感じられるようになってきたんです。その経験を通して、いかにお客様と信頼関係を築いていけるかが大事だと感じました。

40歳の節目に、麻雀から温泉へ

麻雀部門では教室やサークルなどの専門的なことをしていたので、なかなか異動の機会がなかったのですが、40歳という節目の年に、温浴部門への異動が決まり、「伊予の湯治湯 喜助の湯」のマネージャーに就任しました。会社から「新たな挑戦を」との命を受け、現在は現場業務全般に加え、イベントの企画運営、またキスケBOX全体の経営・売り上げも考えながら店づくりを進めています。

コトづくりが、お客様の感動を生む

モノづくりとコトづくり、その二つが揃って初めて施設は成り立つものですが、特に「コトづくり」は私たちスタッフの重要な課題。ただ入浴するだけではなく、その時間が思い出になるような場所にするにはどうすればいいか。そんなことを日々考え、楽しい仕掛けやサービスを提案しています。例えば、以前「父の日イベント」として、お父さんの背中にボディペイントで絵や文字を描いて、写真を撮ってプレゼントをするという催しを企画し、大変ご好評いただきました。

常にお客様目線で、「これはお客様のためになるか?」を心に留めて接客やサービスに努めています。

自己の成長を促してくれる学びの場

私にとって、キスケは新しい学びや気づきを与えてくれる場所。ですから、何年たっても新しいチャレンジにワクワクし、何事も楽しむことを大事にしたいと思っています。

そして、今後の目標としては、やはり自己の成長ですね。まだまだ学ぶことがいっぱいです。いかに今の立場より上の立場で物事を見られるか、考えながらやっていきます。そうすることが会社へも、周りにもきっとプラスになると信じて。そして、アミューズメント部門でも今後新たなマネージャーが必要になってきます。それを担える人材を育てていきたいですね!

社員インタビュー

クロストーク